神戸天然物化学のIPO情報が公開!気になる初値予想と上場内容は?

SERIOホールディングスに続き今年5つ目のIPO「神戸天然物化学」のIPO情報が公開されました。

それでは「神戸天然物化学」の情報を確認していきたいと思います。

IPO投資って何?儲かるの?という方や、
どんどん増えてくるIPOのスケジュール管理にお悩みの方がいましたら
まずは以下の記事をご一読いただけると嬉しいです。

初心者でもIPOに当選!IPO投資に向いている人とは – いろんな投資で目指せ1億円。アラサー男のリアル投資録

IPOのスケジュール管理に悩む方に大評判|「IPO手帳」を使ってみたら絶対おすすめ出来るツールでした! – いろんな投資で目指せ1億円。アラサー男のリアル投資録

神戸天然物化学とは

会社概要

本社:兵庫県神戸市西区高塚台3-2-34

設立日:1985122

従業員数:250名

創業33年目での上場となります。

事業内容

有機化学品の受託研究や受託製造、開発を行っています。

ちなみに有機化学品とは「炭素や水素を含む化学品」のことで、
農業各品や医薬品など多様な商品が対象となっています。

この有機化学品を基礎研究からOEMまで一括して行っているのが、
神戸天然物化学のメイン事業となります。

神戸天然物化学の業績

神戸天然物化学の直近5年の売上と利益です。

f:id:varioustoshi:20180211203620p:plain

平成27年3月期には少し落ち込みがありますが、
全体的には右肩上がりで推移しています。

IPO情報

IPOに関する視点から神戸天然物化学を見ていきます。

IPO上場先と規模感

神戸天然化学の上場先は「マザーズ市場」となっています。

時価総額は172.7億円、吸収金額は61億円となっており、

IPO的には大きめの案件となっています。

また、IPOで集めた資金に関しては雲第一工場における医薬品製造設備、
第二工場における機能材料製造設備などへの設備投資
に充てる予定になります。

今後の売上向上を目指した用途となりますので、
売上向上への寄与が期待できますね。

IPO当選枚数

公募株数:1,380,000

売出株数:1,228,200

当選株数合計:2,608,200株

となっていますので、当選する本数は26,082本(100株計算)となります。

IPOとしては比較的高い確率で当選が見込める銘柄です。

IPO取扱幹事情報

今回の主幹事はSMBC日興証券です。

主幹事は当選本数を多数持っているので当選を狙う場合には申し込み必須の証券会社となります。

そのほかの取扱幹事業者に関しては以下となります。

【幹事情報】

・野村證券

・SBI証券

・エース証券

初値予想

募集想定価格は「2,340円」となっています。
会社の業績面、需給面から鑑みると、0.9倍〜1.1倍ほどになると想定されます。

想定初値:2,200円〜2,600円

管理人はIPOに参加する?しない?

市場状況次第で参加を決めます

業績は問題ないと考えています。

ただ公開株数が多いため需給関係上、大幅な上昇は見込めないというのと、
最近の株式市場が少し不透明な状況のため、
その状況を見ながら参加を検討したいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です