日本リビング保証IPOの気になる初値予想!上場内容と事業内容を分析

今年16個目のIPO「日本リビング保証」のIPO情報が公開されました。

それでは「日本リビング保証」に関する情報を確認していきたいと思います。

IPO投資って何?儲かるの?という方や、
IPOで必須のスケジュール管理にお悩みの方がいましたら、
まずは以下の記事をご一読いただけると嬉しいです。

初心者でもIPOに当選!IPO投資に向いている人とは
IPOのスケジュール管理に悩む方に大評判|「IPO手帳」を使ってみたら絶対おすすめ出来るツールでした!

日本リビング保証とは

それでは日本リビング保証の会社概要、事業内容に関して確認していきます。

日本リビング保証の会社概要

本社:東京都渋谷区代々木3-28-6いちご西参道ビル

設立日:2009年3月

社員数:56名

設立9年目での上場となっており非常に短期間での上場を果たしています。

日本リビング保証の事業概要

日本リビング保証は、「住宅設備の保証サービス、中古不動産の住宅設備などに対する検査補修サービスおよび電子マネー発行サービスをおこなう、
おうちのトータルメンテナンス事業並びにBPO事業」を行っています。

簡単に言うとキッチンやお風呂、トイレなどの住宅設備の保証やメンテナンスを
請け負っている会社になります。

日本リビング保証の業績

2015年以降は徐々に利益を戻しており、
純資産もようやく今年に黒字転換が見込める状況となっています。

f:id:varioustoshi:20180312134231p:plain

日本リビング保証のIPO情報

続いてIPOに関する視点から日本リビング保証を見ていきます。

IPO上場先と規模感

日本リビング保証のIPO上場先は「東証マザーズ」となっています。

時価総額は26.6億円、吸収金額は3.1億円となっており、
IPO的には小規模案件となっています。

また、IPOで集めた資金に関しては、
「ブランド力の向上や事業効率の向上を目的とした設備投資」予定とのことです。

IPO当選枚数

公募株数:110,000株

売出株数:74,500株

当選株数合計:184,500株

となっていますので、当選する本数は1,845本(100株計算)となります。

IPO的には非常に当たりづらいIPOとなっています。

IPO取扱幹事情報

今回の主幹事はみずほ証券です。

主幹事は当選本数を多数持っているので当選を狙う際には申込必須の証券会社となります。

そのほかの取扱幹事業者に関しては以下となります。

【幹事情報】

・SMBC日興証券
・SBI証券
・岡三証券
・エース証券
・マネックス証券
・丸三証券
・水戸証券

株主情報・ロックアップに関して

大株主に対しては90日間or公募価格1.5倍のロックアップがかかっておりますが、
ベンチャーキャピタルは不在のため既存株主が初値に与える影響は少ないと想定されます。

f:id:varioustoshi:20180312135131p:plain

日本リビング保証のIPO初値予想

募集想定価格は「1,760円」となっています。
事業内容や業績に関しては突出したものはないですが、供給面が非常に少ないため、
1.1倍〜1.3倍ほどの初値が想定されます。

初値予想:2,000円〜2,400円

管理人はIPOに参加する?しない?

全力で参加します!

事業としては目新しさはありませんが、供給面が少ないことから
募集価格以上の初値は期待できると感じています。

セカンダリーIPOへの参加は少し慎重に検討したいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です