SIG(エスアイジー)IPOの初値予想!IPOで注目すべき上場内容と事業内容を徹底分析

今年28個目のIPO「SIG」のIPO情報が公開されました。

それでは「SIG」に関する情報を確認していきたいと思います。

IPO投資って何?儲かるの?という方や、
IPOで必須のスケジュール管理にお悩みの方がいましたら、
まずは以下の記事をご一読いただけると嬉しいです。

初心者でもIPOに当選!IPO投資に向いている人とは
IPOのスケジュール管理に悩む方に大評判|「IPO手帳」を使ってみたら絶対おすすめ出来るツールでした!

SIGとは

それではSIGの会社概要、事業内容に関して確認していきます。

SIGの会社概要

SIG会社概要

◆本社:東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル

◆設立日:1991年12月

◆社員数:370名

創業27年目での上場となっています。

SIGの事業概要

SIGは、
「システム開発およびインフラ・セキュリティサービスの提供」を行っています。

IPOで非常に人気化されやすいネットセキュリティ関連の銘柄ですね。

ホームページを見てみると、開発からサービス、ITインフラ関連も取り扱っており、
幅広くITセキュリティに対応できそうな会社ですね。

仕事柄、様々な企業の情報システム部さんやCIOの方とお話する機会が多いのですが、
ITセキュリティに関する要望や依頼、それに伴って企業様でとる予算も年々増えているので、
その中でSIGが強みを出していければ今後の成長が期待出来そうですね。

SIGの業績

売上は大きな変動はなく推移していますが、
経常利益は右肩上がりといった状況になっています。

これはセキュリティサービス関連事業が伸びていることに起因しているとのことで、
市場と共に成長していくことで収益拡大が見込めそうです。

SIGのIPO情報

続いてIPOに関する視点からSIGを見ていきます。

IPO上場先と規模感

SIGのIPO上場先は「JASDAQスタンダード」となっています。

時価総額は35.9億円、吸収金額は6.9億円となっており、
IPO的には小規模の案件となっています。

また、IPOで集めた資金に関しては、
「人材採用、システム開発における外注費」に利用する予定です。

IPO当選枚数

公募株数:150,000株

売出株数:192,700株

当選株数合計:342,700株文章

となっていますので、当選する本数は3,427本(100株計算)となります。
IPO的にはややあたりにくいIPOとなっています。

IPO取扱幹事情報

今回の幹事情報に関しては以下の通りです。
主幹事は当選本数を多数持っているので当選を狙う際には申込必須の証券会社となります。

主幹事
岡三証券
幹事

・みずほ証券
・SMBC日興証券
・SBI証券
・いちよし証券
・東洋証券
・極東証券

株主情報・ロックアップに関して

多数の株を所持しているベンチャーキャピタルはないため、
大きな売りが発生する可能性は低いと想定されます。

SIGのIPO初値予想

想定公募価格は「2,000円」となっています。
今後市場の成長が見込め、IPOでも非常に人気化しやすいセキュリティ関連銘柄のため、
かなりの初値高騰が期待出来そうです。
公開価格の2.5倍程度で初値がつくと予想します。

初値予想:4,500円程度

管理人はIPOに参加する?しない?

全力で参加します!

業種柄、IPO的にもかなり初値が高騰することが期待出来そうです。

手持ちの証券会社から全力で参加していきたいと思います。

またセカンダリーについても初値の状況を見ながら、
参戦していきたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です