国内株記録:株で損した話 〜ラクオリア、レカムの売買で大損〜(2018/01/23)

さて、今年もまだ始まったばかりですが、
今年購入したラクオリア、レカムの売買で色々と失敗しました。。

本日はしっかりと頭を使った取引が出来ていなかった反省も踏まえ、
ブログに書き留めておきたいと思います。

資産運用の諸先輩方からすると「バカじゃないか」「俺はそんなミスはしない」という内容かとは思いますが、
笑って見ていただければ幸いです。

ラクオリア創薬の逆指値で刈られて損

先日の記事でも書かせていただきましたが、年初にラクオリア創薬の株を購入していました。
購入後、毎日株価の上下が激しい銘柄ではありましたが、
終値が大きく下降する日もありましたので、
何かあったときのために逆指値を仕掛けておき、暴落時に備えておりました。

ただその逆指値の金額が完全に裏目に出ました。

見事に私が仕掛けた逆指値まで一瞬だけ暴落して逆指値で刈り取られ、その後大幅向上となりました。
あれは完全に逆指値を狙った動きでしたね。。。

幸いラクオリアはプラスでは終われましたが、
想定されていた利益と比較するとほとんど利益を出すことが出来ず、
また、現在もどんどん株価も上がっているため、
同銘柄への再インは検討せず、別銘柄に切り替えて行こうと思っています。

教訓

・値動きが激しい銘柄の逆指値はボーダラインを個別に検討
・今後の成長が予想できる場合は従来基準より底辺で待ち構えておくべし
・逆指値で仕掛けた付近の金額を板で確認するべし

機関にやられてレカム損切り

レカムは完全にタイミングを見誤りました。。

元々、将来性のある良い銘柄ではありますが、異様な株価の向上に懸念は頂きつつも
投資金額を増やしていました。
その結果、機関のナイアガラ攻撃をタイミングよく食らったため、
最終的にはS安の損切りでの終了となりました。

将来性のある銘柄なのである程度の向上は単体で期待できる銘柄ではありましたが、
機関がそこにうまく乗っかることでさらに株価が急上昇していた状態だったため、
その異様な向上に早い段階で気づくべきでした。

また、この銘柄に限って完全に逆指値の準備を怠っていたため、
一気に安い金額まで売り叩かれる結果となってしまいました。

今はレカムも値を戻してきているので再インも検討中です。

教訓

・流れに身を任せず株価上昇の理由をしっかりと捉えるべし
・急な上昇銘柄に関してはしっかりと逆指値を準備しておくべし

それぞれの収益(デイトレ失敗分も含む)

最近ではこの2銘柄以外にも、初めてのデイトレで少し失敗しました。
詳細はこちらをご確認いただければ幸いです。

初心者投資家はデイトレをやらない方が良い 〜10万円の勉強代編〜

この2銘柄とを合わせると以下の収支となりました。

ラクオリア:+183,372円

レカム:-362,921円

デイトレ:-142,981円

合計:-322,530円

ただ、個人的には何事も失敗を経験した方が今後の糧になると考えるタイプなので、
無理に取り返そうとせず今回の失敗を生かし、しっかりと銘柄選定の上、
新しい投資を行っていければと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です