明豊エンタープライズの予想適正株価は?!第50期第2四半期は上方修正で好調!

こんばんは。

3月はIPO繁忙期のためIPO投資の記事ばかりでしたが、
昨日保持銘柄の「明豊エンタープライズ」が第2四半期決算を発表したので、
その内容を見ていきたいと思います。

明豊エンタープライズの第2四半期実績

f:id:varioustoshi:20180316170842p:plain
※株探より抜粋させていただいております。

売上:63億33百万円(前年比+92.5%)
営業利益:13億25百万円(前年比+460%)
経常益:12億54百万(前年比+570%)

と第1Qの伸び率ほどではありませんが非常に好調でした。

特にメインの不動産分譲事業に関しては、

ミハスシリーズの4棟売却、1棟のリニューアル事業により、
売上:52億5百万円、利益:12億円87百万円をあげています。

明豊エンタープライズは第2四半期は上方修正

上記の通り非常に好調な成績のため不動産業界ではあまり多くありませんが、
第2Qにて上方修正が発表されました。

f:id:varioustoshi:20180316172059p:plain

上方修正により経常利益が15%の増加となっています。

明豊エンタープライズの今後の業績/株価予想

第3四半期の業績予想

第3Qの販売実績としては、「ミハス洗足」および10棟の物件売買が決定しています。
10棟の物件に関しては27億89百万円と公開されているため、
現在でも3Qは30億円以上の売上が見込まれます

今後の株価予想

業績予想を踏まえ、通期の1株益予想が「77.02円」に修正されました。
これを達成する前提のもと不動産業界のPERを15倍として適正株価を計算すると、
適正株価は「1,155円」程度と想定されます。

現在の株価が941円となっているため、まだ上昇が見込まれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です