今急騰中のレカム株を購入!だから私は購入した!〜ブログで銘柄追加報告〜

 

レカムの株を購入!

こんにちは。
今年のNISA枠用の銘柄としていろいろと検討している中の一つとして、
レカムをマークしていました。

軍資金が足りなかったので保持していたエムスリー、レーサムの株を利確させ、
ようやく購入しました。
以下に売買実績のブログ記事がありますので気になる方はご覧いただければ幸いです。

国内株記録:レーサム株売却しました!(2018/1/10) – いろんな投資で目指せ1億円。アラサー男のリアル投資録

国内株記録:エムスリー株売却しました!(2018/1/9) – いろんな投資で目指せ1億円。アラサー男のリアル投資録

レカムは200円台中盤での参戦となります。

レカム株の購入理由

レカムとは

レカムはビジネスホンやNW機器の販売/設置やBPOサービスを中心にビジネスを展開している会社となります。
BPOとは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略で企業が本業以外の業務プロセスを外部業者に委託することで、自社社員をコア業務に集中させることで競争率を高めることができる分野です。
(多い例としては交通費精算の確認、集計作業とかですね)

あまり知られてはいないですが実はBPO市場の規模は年々増加しており、
実際に私もIT業界に勤めているのでBPOサービス自体のニーズの高まりは様々なお客様を訪問した際にひしひしと感じています。

購入理由

①成長性が見込めるBPO市場

先ほどの通りBPO市場は今後成長が見込め、
毎年4.7%程で市場規模が拡大していくと言われています。

IDC Japan、国内BPOサービス市場予測を発表 :日本経済新聞

こちらに関しては非常にポジティブな評価ができます。

②良好なファンダメンタル面

レカムはここ数年、順調に売り上げを伸ばしており、
また利益もしっかりあげています。

有利子負債もレカムが保持している現金と比べ多くないため、
安定した企業成長が見込めると判断しました。

f:id:varioustoshi:20180114082618p:plain

③大連レカム社上場予定

社長が大連レカムにて中国市場での上場に向け動いていると公式発表しています。
大連はBPOサービスでは非常にメッカな土地のため、こちらの上場で資金が集まれば、
さらに戦略的な経営を見込めるのではないか思っています。

④AI/OCRビジネスへの積極的な姿勢

昨今のバズワードとなっているAI/OCRへの販売展開へも積極的に取り組んでいます。
AIは最近でも日常で聞くようになりましたが、ビジネス分野では最近OCRに関しても非常に注目が集まっています。

理由としてはAIで元となるデータ(学習データ)を収集する際、
データ形式でAIに渡す必要がありますが、
多くの企業では請求書や稟議書などまだまだ紙文化が多くAIを導入しようとしても情報がデータ化されていないため導入が難しい、ということが非常に多くあります。

紙に書いてある文字を識別し、データ化することでAI導入をしやすくできるのがOCR技術で今後AIが普及する段階では非常にOCRも注目されてくるかと思います。

また、元々レカムが持つBPOのノウハウと組み合わせることで、
AI/OCRを活用したBPOサービスのさらなる高度化を見込めるのではないかと感じています。

以上の理由からレカム株の購入に動きました。

さらにレカムは低位株銘柄、ということで上昇の期待値が大きいので非常に今後へ期待しています。

出来るだけホールドしつつ成長を見守りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です