国内株記録:日経平均は少し持ち直して一安心|けどまだまだ注意が必要(2018/02/08)

今日の株式市場

先日の株式市場の大幅下げから株式市場に少し不安が走っていましたが、
本日は日経平均が前日比+245.59円の「21,890.86円」の終値となり、
少し安心の1日でした。

また、TOPIXも前日比+15.79円の「1,765.69円」の終値となりこちらも上昇しています。

基本的には私が監視している銘柄はプラスで終わっている銘柄が多かったので、
先日の暴落から少しだけ資産を戻すことができました。

ただ本日も非常に株価が上下している銘柄が多かったので、
まだ株式市場には警戒心がある状態のようですね。

ちなみに日経平均のここ1年の状況をチャートを見てみると、
現状はちょうど20MAを割り込んだ辺りになっています。

2017年にも何度か20MAを割り込むタイミングがありましたので、
今の下落を調整と捉えるか、株式市場の暴落と捉えるかは一概に言えませんが、
私はまだ調整の範囲内だと考えています。

f:id:varioustoshi:20180208173318p:plain

なのでまだ現状では余力を残しつつ、バリュー銘柄が投げ売りされたタイミングで、
取りに行くスタンス
を継続したいと思います。

保有銘柄の状況

本日は主力2銘柄に関して見ていきます。

「明豊エンタープライズ」は今日も強かった

相変わらず「明豊エンラープライズ」は強かったです。
この状況にも関わらず高値更新+ストップ高の「712円」でフィニッシュしました。

ただ少し懸念なのがIRなどの材料なくストップ高になったので、
機関が信用で集めている可能性もあるので明日以降はよく注視したいと思います。

以下記事にも記載していますが、
高騰に浮かれず1月の反省はしっかり生かしたいと思います。。

国内株記録:機関に惨敗の1週間(2018/1/19) – いろんな投資で目指せ1億円。アラサー男のリアル投資録

「じげん」も徐々に値を戻してきてる!

じげんは前日比+18円の「1,100円」となり、
日経平均暴落前の「1,160~1,170円台」の水準に少しづつ戻しつつあります。

じげんは2/13に3Qの決算発表がありますのでこちらにも期待です。

ただ決算の内容次第ではありますが決算後に途中で買い増した分は一部利確も、
心の片隅では検討中です。

含み益は利益ではないということの意識が大切だなと、
最近とても身にしみてますので。。

まとめ

本日は株式市場が少し回復し資産も少し増加しましたが、
明日以降どうなるかまだわからないので、決算時期で魅力的な情報が飛び交いますが、
しっかり情報を取捨選択しつつ、市場動向には注視していきたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です